いい誕生日にしろ。

e0361225_18372159.jpg

  リンダとのルンルンデートですっかり日が暮れた上富良野。 おおよそロードバイクに乗る服装ではないDENZIさんであるが、
  今日を乗り切れたんなら当然明日も何とかなるだろうとのポジティブ思考で定宿に一泊。
  ルミとリンダといういずれ劣らぬ美しい妻二人に挟まれて、またもカミフの熱い夜を・・・・・
「その美しい妻二人に寒ーい思いをさせて夜9時から朝の8時過ぎまで爆睡なさるんですからまー何とも贅沢なお話ですこと!
 登山者ご用達のこの宿で8時過ぎまで寝てるだなんて、普通ありませんけどねー・・・・・・」

「やれやれあんなポタ程度でぐったりとは情けねえ奴だぜ。 ま、今日はアタイは高見の見物だから関係ねーけどな、きしししし・・・・・」




e0361225_19252555.jpg
「いよっし! そんじゃまあ、ゆるポタの刑ってことで、今日はオメエもずしっと背負ってもらおっかな、なあ!!」
「ああーらそんな無粋な。 画質にこだわるといっても、ロードバイクなんですからもう少しお利口な選択肢ってものがございましてよ。
 一眼も真っ青の画質をコンデジのバディで実現しちゃうコレなんて、スマートでよろしかろうと、ね!」

「あっあっ、きったねー! そんなモン隠し持ってながらアタイにはウエィトハンデ背負わしたのかっ!!」
「むふふん! だから言ったじゃないゆるポタリミッターだって! ルミはそーゆーことしなくてもちゃんとゆるモードできますもんねっ! きゃんっ!!」



e0361225_20284665.jpg
「・・・・・のワリには・・・・・どこピン? せっかくの通なカメラもウデのサビつきには対処できませんわねえ。」



e0361225_21763.jpg
「で? やや8合目の吹上スタートなんですから、難所の十勝岳とはいえ、ウインザーに比べれば楽勝でしょ?」
「ふふーん? そーなんですかねえ??」



e0361225_21253988.jpg
「死ぬっ! 死ぬっ! 死んでしまうーっ!! なして? ゆるポタだって言ったぢゃない!! ルミちゃんのいぢわるーーっっ!!」
「・・・・・・・、えー、では解説しましょう。 最近インスタで少々絡みのある胆振のスーパーサイクリスト、Suzさんという方がおりまして。
 この方がどのくらいすごいかといいますと。 かの悪名高き、あの、The PEAKS を制覇してるんですが、
 それが・・・・・・固定ギアで。 そのギアがですね。 《 48:19 》 なんですよ。 そーゆーワケで。」




e0361225_22194433.jpg
「ルミのギアでその近似値となりますと。 ええ、このような。 52:21となりますですわん。
 これで200km、6000mUPを制覇したそのヘンタイっぷりには遠く及びませんが。
 高々2.5km、250mUPではありますが、平均勾配10%でまあ、その気分を多少なりとも味見しようかと。」

「いやっ! 平均10%とか言ってるけども!! 13%15%だってココ! いっつもインナーロー36:29でやっとこさだって!!!」



e0361225_22423130.jpg
「う”う”う”う”う”・・・・・・・・・ 痛いの。 かなり痛いの。 ヒザもさることながら。 脇の下と握力に来るんだよお。 気分はもお鳩村センパイ。
 ウデぇーっ いうことを・・・ 聞・・・・・!」


「まあ鳩というよりはナメクジでしたけど。 カミホロで駐車場一周分休んだものの、足付かないで上までたどり着いたのは褒めてあげますわん。」



e0361225_22265729.jpg
「さ、せっかくここまで来たんですから山ガールな画でも、と思ったんですけど。 思いの他おがっちゃってて眺めがよろしくありませんわん!」




e0361225_2329551.jpg
「以前に撮ったときは雪があった頃だもんねー。 夏過ぎればいくら森林限界突破してるとはいえ、多少は生えてますな。
 しゃーない、荒れた画は望岳台のほうで・・・・・・」



e0361225_23302236.jpg
「うーむよしよし、荒れてるねえ。 だがまあ、観光地だからね、人がいっぱいぱいなのはしゃあないか。」




e0361225_23304869.jpg
「せっかくのDP2なんだから多少アーテステックに構えた切り取りでもしてみっか。」
「ブッブー。 ベンチによしかけてる時点でアウトだと思うですが。」




e0361225_23311430.jpg
「さてさて下界に下りてきて。 楽しい楽しい撮影会のハズなのに。 なーんか、昨日のリンダのときに比べて、ノリが悪いんじゃありませーん?」
「うーむそれに関しては確かに。 やっぱねえ、一眼に比べっちゃっちゃうと、ねえ。」




e0361225_23313630.jpg
「えー? それってどおゆうコト? このコンパクトなボディにAPS-Cサイズのセンサーを搭載して、
 しかもあの FOVEON X3 センサー! はっきし言ってコレでイイ画が撮れなかったらそれはもうヘッポコですわん!」

「そうそれ! 正にそのヘッポコ! いやね、理屈では忘れてないんだけども、感覚が忘れっちゃってんのよ。
 コイツのインターフェイスの壁を乗り越えられないのさ。 どーしよーもなくチープな操作性と、 構図確認がせいぜいの雑品モニター。
 しかもそのモニターが明るいとこだと反射しまくって構図すらままならない。 そうなるともう、撮る快感がねえ。
 ファインダー覗いて自分だけの世界にのめり込めるD200に比べると、撮る実感も、名画の確信もないワケ。
 そんで帰ってきて見たらピンぼけだったり露出がアレだったり構図がソレだったりと、まあまあ凹むこと凹むこと。
 えっらくトンがったDP2をちゃんと使えてる実感がないもんだから、撮影という行為に耽溺できないっちゅう情けなさ。
 これをヘッポコと呼ばずして何と呼ぼう。 ねえ。」
 



e0361225_23315873.jpg
「そんでまたもうイッパイイッパイ。 終了でよかですか?」
「ええーっ、こんなぺっちょでぇ? あー情けない、ルミはお前をそんな情けない男に育てた覚えはありませんよっ!!」
「いやー、脚でなくて。 なんつうかこう、脳みそがバッファフル。
 この旧式で容量が少ないオツムん中にカミフが詰まりすぎて、もういいですう、って。 
 これがポタじゃなくてただのサイクリングなら、オツムにモノを詰め込みすぎることなく脚の限界までイケるんですが、悲しいかなこれはポタ。
 オツムが満タンになったらそこでゲームセットですよby安西先生。」
「あーあ、しょーもなー。 柄にも無くポタなんかヤルもんだから。
 まーいいわ、おじいちゃんは本日めでたく5ンン3歳の誕生日ですもんね。
 時間があまった分で、ルミとリンダからのバースデープゼデント、ええいっ、テクマクマヤコン!!」




*******************************************



e0361225_223041100.jpg

でええええ~っ、なんじゃこりゃあ!!
ううーむ、DENZIさん一生の不覚!
いいだけカミフに来ていながら
今までここをスルーしていたとは!

カミフを訪れる全ての男子に!
いや、女子にもお子様にも!!


《土の館》 超オススメ!!

大切だからもっぺん言う!

《土の館》 超オススメーッ!!





e0361225_22372434.jpg


とってもいい誕生日でしたあ。


ピース。






   



[PR]
by denzib | 2017-09-28 22:45 | Comments(0)


痛くてもしょうがないよ芸風だから 一応自転車ブログ


by denzib

プロフィールを見る