人気ブログランキング |

グラベラーズハイ(校了w

犬も歩けばグラベルにあたる。 日々の逢瀬の中でついつい出くわしてしまうグラベルロード、皆様におかれましてもアリアリな風景でしょう。
かくいうこの犬も昨今めっきりとグラベルさんに遭遇することが多くなり、それでも勇気を振り絞ってそろそろと進入したりするワケですよ、
320TPIコットンケーシングのチューブラー前後3万エソとかで。
このデリケートなイタリアンハンドメイドのチューブラーは、実際ドイツもんの強そうなチューブラーよりも全然つおかったりすんですけど、流石にね。
精神衛生上よろしくないんでないかということで、メイドインJAPANの悪路上等タイアを導入してみましたですよ。

#パナレーサー・グラベルキング 26c
ってヤツです、ええ。
ん? 何だそのシャープは?って?? やだなあ、タグをつければアクセスはうなぎのぼりだって、常識ぢゃないですか今やw

グラベルキングさんは今や23c、26c、28c、32cに加え38c、650B用まで幅広いラインナップがあるんですが、
アタシが選んだのは26c。 ロードレーサーに履かせるんですから28cだと寸法的に厳しいかな、と。
それとターマックでのレーサーらしさを損なうのはカンベン願いたい、クロスバイク乗ってるんじゃないんだから。
あくまでグラベルでの多少の安心感をプラスできれば、程度で考えていたのですよ、ハイ。
ってコトでアサリさんに発注、のほほんと待っていたら、いたらば。 かの有名な神楽坂つむりさんがこのような記事をup。
グラベルキング26cは一躍、時のタイアとなったのです。 違う、違うんだ、記事見る前におんなじ動機で注文してたんだってばー!!
ちきしょお、これだから田舎ってヤツは・・・・・・ 田舎なら田舎らしくこーゆうタイアを在庫せんかーい!!
とまあそんな次第で手元に届く前に選択の正当性に立派な裏づけもできました(笑)
近場のチョイ乗りでは予想以上の悪路適性を確認、期待にコカンを膨らませていざAKとなった次第でございます。



e0361225_236711.jpg
いつものAKオンセン前からアリーシャ発進。 地図で見て気になってた道を目指す。 
とても重要なターマックでのキレであるが、いやもう全然。 ここんとこ影の薄かったアリーシャであるが、その元気娘ぶりは健在。
エアボリュームの増加により安定成分が増してキレが鈍るのを恐れてたんだが、
コレ、最近の10万後半台の新世代アルミに25cタイア履かせた完成車なんかより全然上。
流石に「転がるだけで溢れ出す官能」なヴェロフレックスみたいなワケにゃいかないけども、軽快さ、ソリッド感、共に充分合格レベル。



e0361225_236247.jpg
そしてそのままグラベルに「トツゲキ」できることのカイカン。 いやあ、普通のタイアだと、「できるだけ労わりながら通過」のレベルで、
とてもじゃないが積極的な走りとは呼べない代物だったのだが、高々2mmの違いでこんなに変わるのかい?
26cと表記されてはいるが、ナローリムのマビックに履かせた直後は何と24,2mm! 
AKでしばきまくった後はさすがに少々太ったが、それでも25mm。
それでこのトラクションかよ! 道は既にMTBが欲しいレベルに荒れてきてるが、クライムの限界に挑み続けることの快感!
たまらんわ、実際!!



e0361225_2364528.jpg
それでこのロケーション! こればっかりは舗装路走っては手に入れがたいもんなあ。 



e0361225_237727.jpg
きゃー、ありさちゃん、おっとこまえー!! 黒い足回りもまた似合うわ、シブイもんなー。 
そしてこの出で立ちで山道を暴れまわるんだからこりゃたまらんぜよ。



e0361225_2372894.jpg
この時期の山はいい。 色彩の宝庫。 そして小うるさい吸血鬼共がいない。 どっぷりと山に浸れる。 サイコー。
さーて、言うべきことは言っちまった。 あとは存分に画で楽しんでいただきましょう。




e0361225_2374680.jpg



e0361225_238239.jpg



e0361225_2382449.jpg



e0361225_2384583.jpg



e0361225_2392676.jpg



e0361225_2394741.jpg



e0361225_23101086.jpg
ここまでの道は、MTBであればより安楽に走れるであろう。 しかし、己の限界ギリギリで走れることの楽しさはこちらに分があるかも。
そして、グラベルには終わりが来る。 終わりなきグラベルは恐くて挑めない。 その先にターマックがあるから行こうと思うのだ。
そしてターマックに出た途端の、羽が生えたような加速。 これはMTBでは不可能。 次のグラベルまで矢のように連れてってくれる。



e0361225_23103774.jpg
これはさすがに無理だがw MTBでも躊躇するようなステージ。 逆に言えばここまでは来てしまえるのだから凄い。



e0361225_2311787.jpg
パナレーサーさんぜひ渓流キングを作ってください、ええトレッド全面フェルト貼りのヤツですwww



e0361225_23114314.jpg
この程度の水溜りはあっさりと通過の介。 げ。 なして靴に浸水すんだ、足ついてないだろー!と怒ったが。
ペダル下死点より水深がありゃ、そりゃかっぷりもするわなー。



e0361225_23121077.jpg
いつもの道を下っていても、横目に「あれ、もしかして?」が飛び込んできたらすかさずフルブレーキ&左折。 
勾配15%超えの上りグラベルを超ギリギリのペダリングでクリアすると。



e0361225_23123730.jpg
はいご褒美、とばかりにこのロケーション。 正に 7th heaven 。



e0361225_23133199.jpg
この下り坂をですねえ。 ブレーキいっぱい握りしめてですねえ。 ゆっくり ゆっくり くだってくるー わけですよ。
いやあ、こりゃサイコーにインスタ映えするなあ。 撮れねえけど。




e0361225_23142941.jpg
そして冷水はあくまで本気アタック。 血の味がするまで踏んでやれる。 
ファットなボヨヨンのエアボリュームが感じられたりすると途端に踏む気が失せてしまうワガママなオイラだが、
あくまでソリッドに転がりクライムモードから離脱することがない。 これ大事。 ホント大事。




e0361225_2315682.jpg
そしていつもならズドンと下って終わりになるのだが、先ほどの極楽グラベルを下り基調で楽しめるんだから行かぬ盆栽屋はなしw



e0361225_23153921.jpg
下りはまあ、楽しむというのとは違うっちゅうか。 ぶっちゃけ、出して20がいいとこ、勾配きつくなれば10まで落とさにゃキケン。
タイアと車体のキャパがそんなもんだから、舗装の下りとかMTBでの下りのように速度の快感に身を委ねられん。
いきおい、ずーーーーーーっとブレーキあててるワケで、そーなるとさすがにディスクの恩恵をこうむりたくなるね。
それでもこんな中をずずずいずいと進めるワケですからドーパミンの分泌はとどまるところを知らず、
健気に撓むフロントフォークにも愛おしさを感じずにはいられないヘンタイ状態はパワーバンドキープですわ。



e0361225_2316951.jpg
ほんで尾根裏からの横道が空に向いてたりしたらもう挑まずにはいられない。
10%超えのつづらをクリアしたらラストはドンと15%超え! 足への負荷がMAX状態で、スキルの全てをそそぎ、
駆動輪に全荷重を乗せながら丸い踏みでスリップアウトを防ぐ。 この土俵際でこのタイアはグリッと踏ん張ってくれる。
実は先日の近場でのチョイ乗りのときに予想以上の悪路走破性に驚きながらも、ちょっと懐疑的ではあったのだ。
「グラベルキング様様!」と諸手を挙げてもいいものかと? 今までは抑えてたものが本来の力を出しただけではないのかと?
パンクを恐れてそろーっと行ってたものが、パンク上等!の立場になったことで、心のリミッターが外れて本来のポテンシャルが出たんじゃ?と。
つまりは、じゃあ、ビットリアのルビノ25cにしても近いセンまでは走れるんじゃない、グラベル? と。
愚かでしたねえ。 これだけがっつり行けばアホでもわかりますわ。 グラベルキング、スゲー。
今までの経験則のキッチリ一枚上を行くの。 これはさすがに滑るだろう、って局面でググッとトラクションがかかるの。
スタンダードなタイアでなら28cのグラベル性能と23cのターマック性能を一本で両立させている、それがグラベルキング。
おかげでクリアできちゃう難所。 そしてそれは行けないはずの場所に連れてってくれる筋斗雲。 ヤバイタイアであるよ。



e0361225_23163632.jpg


e0361225_23165867.jpg
走り尽くしたはずのAKにこんな場所があったなんて。 こんなところに来れたなんて。 正しく筋斗雲だ。




e0361225_23172027.jpg
そしてそして。 タイアばかりの力ではござらぬよ。 アリーシャのポテンシャルがそれを可能にしてるのよ。
あくまでダイレクトな駆動剛性と、跳ね飛ぶことのないロードホールディング。 そして圧倒的な軽さ。
ここまでの走破性を持ちながら重量は8kgを切るってんだからありえねえ。
この軽さが積極性を生むんだわ。 ええい、行っちゃえ! になるんだわ。 
超絶お転婆娘。 ああ何て愛らしい。



e0361225_23174433.jpg



e0361225_2318479.jpg



e0361225_23182445.jpg
あとはもうもうひたすらARTを堪能して。


e0361225_23184542.jpg



e0361225_23191114.jpg



e0361225_23193085.jpg



e0361225_23195057.jpg
ドッキュンとターマックブッ飛ばして。



e0361225_23201091.jpg
走行40kmに満たない濃いー情事は終了。


e0361225_23202834.jpg
結論。 パナレーサーグラベルキング26cは。 「かなりヤバイ。」



    
by denzib | 2017-10-29 23:23 | Comments(2)
Commented by スーパーレコード at 2017-11-03 19:55 x
26ですか!小生の自転車達はフレームがクリア出来ないなービクトリアの23でギリギリ、もっともビクトリアはサイズより太いのですが、来シーズンはシクロクロスへ転換ですか?ここ数年で走る方向性が変わり昔に戻ってしまいました、今シーズンも又終わりますね〜
Commented by DENZI at 2017-11-05 22:44 x
こんばんわ、師匠。 ウチの娘達はこの26cだあればたぶんどの娘も大丈夫であろうとの選択でした。
そしてカンパフリーとなれば全員クリア、死んでたキシエリも生きる、万々歳の選択です。
が。
アリーシャちゃんのあまりの大活躍に、もうこのまんまで付け替えしなくていいかも、と思っちゃったりして。
そのくらいこのプレイは楽しい。 ボッテキアならいけるんじゃないですか?(笑)


痛くてもしょうがないよ芸風だから 一応自転車ブログ


by denzib

プロフィールを見る
更新通知を受け取る