<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

グラベラーズハイ(校了w

犬も歩けばグラベルにあたる。 日々の逢瀬の中でついつい出くわしてしまうグラベルロード、皆様におかれましてもアリアリな風景でしょう。
かくいうこの犬も昨今めっきりとグラベルさんに遭遇することが多くなり、それでも勇気を振り絞ってそろそろと進入したりするワケですよ、
320TPIコットンケーシングのチューブラー前後3万エソとかで。
このデリケートなイタリアンハンドメイドのチューブラーは、実際ドイツもんの強そうなチューブラーよりも全然つおかったりすんですけど、流石にね。
精神衛生上よろしくないんでないかということで、メイドインJAPANの悪路上等タイアを導入してみましたですよ。

#パナレーサー・グラベルキング 26c
ってヤツです、ええ。
ん? 何だそのシャープは?って?? やだなあ、タグをつければアクセスはうなぎのぼりだって、常識ぢゃないですか今やw

グラベルキングさんは今や23c、26c、28c、32cに加え38c、650B用まで幅広いラインナップがあるんですが、
アタシが選んだのは26c。 ロードレーサーに履かせるんですから28cだと寸法的に厳しいかな、と。
それとターマックでのレーサーらしさを損なうのはカンベン願いたい、クロスバイク乗ってるんじゃないんだから。
あくまでグラベルでの多少の安心感をプラスできれば、程度で考えていたのですよ、ハイ。
ってコトでアサリさんに発注、のほほんと待っていたら、いたらば。 かの有名な神楽坂つむりさんがこのような記事をup。
グラベルキング26cは一躍、時のタイアとなったのです。 違う、違うんだ、記事見る前におんなじ動機で注文してたんだってばー!!
ちきしょお、これだから田舎ってヤツは・・・・・・ 田舎なら田舎らしくこーゆうタイアを在庫せんかーい!!
とまあそんな次第で手元に届く前に選択の正当性に立派な裏づけもできました(笑)
近場のチョイ乗りでは予想以上の悪路適性を確認、期待にコカンを膨らませていざAKとなった次第でございます。



e0361225_236711.jpg
いつものAKオンセン前からアリーシャ発進。 地図で見て気になってた道を目指す。 
とても重要なターマックでのキレであるが、いやもう全然。 ここんとこ影の薄かったアリーシャであるが、その元気娘ぶりは健在。
エアボリュームの増加により安定成分が増してキレが鈍るのを恐れてたんだが、
コレ、最近の10万後半台の新世代アルミに25cタイア履かせた完成車なんかより全然上。
流石に「転がるだけで溢れ出す官能」なヴェロフレックスみたいなワケにゃいかないけども、軽快さ、ソリッド感、共に充分合格レベル。



e0361225_236247.jpg
そしてそのままグラベルに「トツゲキ」できることのカイカン。 いやあ、普通のタイアだと、「できるだけ労わりながら通過」のレベルで、
とてもじゃないが積極的な走りとは呼べない代物だったのだが、高々2mmの違いでこんなに変わるのかい?
26cと表記されてはいるが、ナローリムのマビックに履かせた直後は何と24,2mm! 
AKでしばきまくった後はさすがに少々太ったが、それでも25mm。
それでこのトラクションかよ! 道は既にMTBが欲しいレベルに荒れてきてるが、クライムの限界に挑み続けることの快感!
たまらんわ、実際!!



e0361225_2364528.jpg
それでこのロケーション! こればっかりは舗装路走っては手に入れがたいもんなあ。 



e0361225_237727.jpg
きゃー、ありさちゃん、おっとこまえー!! 黒い足回りもまた似合うわ、シブイもんなー。 
そしてこの出で立ちで山道を暴れまわるんだからこりゃたまらんぜよ。



e0361225_2372894.jpg
この時期の山はいい。 色彩の宝庫。 そして小うるさい吸血鬼共がいない。 どっぷりと山に浸れる。 サイコー。
さーて、言うべきことは言っちまった。 あとは存分に画で楽しんでいただきましょう。




e0361225_2374680.jpg



e0361225_238239.jpg



e0361225_2382449.jpg



e0361225_2384583.jpg



e0361225_2392676.jpg



e0361225_2394741.jpg



e0361225_23101086.jpg
ここまでの道は、MTBであればより安楽に走れるであろう。 しかし、己の限界ギリギリで走れることの楽しさはこちらに分があるかも。
そして、グラベルには終わりが来る。 終わりなきグラベルは恐くて挑めない。 その先にターマックがあるから行こうと思うのだ。
そしてターマックに出た途端の、羽が生えたような加速。 これはMTBでは不可能。 次のグラベルまで矢のように連れてってくれる。



e0361225_23103774.jpg
これはさすがに無理だがw MTBでも躊躇するようなステージ。 逆に言えばここまでは来てしまえるのだから凄い。



e0361225_2311787.jpg
パナレーサーさんぜひ渓流キングを作ってください、ええトレッド全面フェルト貼りのヤツですwww



e0361225_23114314.jpg
この程度の水溜りはあっさりと通過の介。 げ。 なして靴に浸水すんだ、足ついてないだろー!と怒ったが。
ペダル下死点より水深がありゃ、そりゃかっぷりもするわなー。



e0361225_23121077.jpg
いつもの道を下っていても、横目に「あれ、もしかして?」が飛び込んできたらすかさずフルブレーキ&左折。 
勾配15%超えの上りグラベルを超ギリギリのペダリングでクリアすると。



e0361225_23123730.jpg
はいご褒美、とばかりにこのロケーション。 正に 7th heaven 。



e0361225_23133199.jpg
この下り坂をですねえ。 ブレーキいっぱい握りしめてですねえ。 ゆっくり ゆっくり くだってくるー わけですよ。
いやあ、こりゃサイコーにインスタ映えするなあ。 撮れねえけど。




e0361225_23142941.jpg
そして冷水はあくまで本気アタック。 血の味がするまで踏んでやれる。 
ファットなボヨヨンのエアボリュームが感じられたりすると途端に踏む気が失せてしまうワガママなオイラだが、
あくまでソリッドに転がりクライムモードから離脱することがない。 これ大事。 ホント大事。




e0361225_2315682.jpg
そしていつもならズドンと下って終わりになるのだが、先ほどの極楽グラベルを下り基調で楽しめるんだから行かぬ盆栽屋はなしw



e0361225_23153921.jpg
下りはまあ、楽しむというのとは違うっちゅうか。 ぶっちゃけ、出して20がいいとこ、勾配きつくなれば10まで落とさにゃキケン。
タイアと車体のキャパがそんなもんだから、舗装の下りとかMTBでの下りのように速度の快感に身を委ねられん。
いきおい、ずーーーーーーっとブレーキあててるワケで、そーなるとさすがにディスクの恩恵をこうむりたくなるね。
それでもこんな中をずずずいずいと進めるワケですからドーパミンの分泌はとどまるところを知らず、
健気に撓むフロントフォークにも愛おしさを感じずにはいられないヘンタイ状態はパワーバンドキープですわ。



e0361225_2316951.jpg
ほんで尾根裏からの横道が空に向いてたりしたらもう挑まずにはいられない。
10%超えのつづらをクリアしたらラストはドンと15%超え! 足への負荷がMAX状態で、スキルの全てをそそぎ、
駆動輪に全荷重を乗せながら丸い踏みでスリップアウトを防ぐ。 この土俵際でこのタイアはグリッと踏ん張ってくれる。
実は先日の近場でのチョイ乗りのときに予想以上の悪路走破性に驚きながらも、ちょっと懐疑的ではあったのだ。
「グラベルキング様様!」と諸手を挙げてもいいものかと? 今までは抑えてたものが本来の力を出しただけではないのかと?
パンクを恐れてそろーっと行ってたものが、パンク上等!の立場になったことで、心のリミッターが外れて本来のポテンシャルが出たんじゃ?と。
つまりは、じゃあ、ビットリアのルビノ25cにしても近いセンまでは走れるんじゃない、グラベル? と。
愚かでしたねえ。 これだけがっつり行けばアホでもわかりますわ。 グラベルキング、スゲー。
今までの経験則のキッチリ一枚上を行くの。 これはさすがに滑るだろう、って局面でググッとトラクションがかかるの。
スタンダードなタイアでなら28cのグラベル性能と23cのターマック性能を一本で両立させている、それがグラベルキング。
おかげでクリアできちゃう難所。 そしてそれは行けないはずの場所に連れてってくれる筋斗雲。 ヤバイタイアであるよ。



e0361225_23163632.jpg


e0361225_23165867.jpg
走り尽くしたはずのAKにこんな場所があったなんて。 こんなところに来れたなんて。 正しく筋斗雲だ。




e0361225_23172027.jpg
そしてそして。 タイアばかりの力ではござらぬよ。 アリーシャのポテンシャルがそれを可能にしてるのよ。
あくまでダイレクトな駆動剛性と、跳ね飛ぶことのないロードホールディング。 そして圧倒的な軽さ。
ここまでの走破性を持ちながら重量は8kgを切るってんだからありえねえ。
この軽さが積極性を生むんだわ。 ええい、行っちゃえ! になるんだわ。 
超絶お転婆娘。 ああ何て愛らしい。



e0361225_23174433.jpg



e0361225_2318479.jpg



e0361225_23182445.jpg
あとはもうもうひたすらARTを堪能して。


e0361225_23184542.jpg



e0361225_23191114.jpg



e0361225_23193085.jpg



e0361225_23195057.jpg
ドッキュンとターマックブッ飛ばして。



e0361225_23201091.jpg
走行40kmに満たない濃いー情事は終了。


e0361225_23202834.jpg
結論。 パナレーサーグラベルキング26cは。 「かなりヤバイ。」



    
[PR]
by denzib | 2017-10-29 23:23 | Comments(2)

インスタの聖地の遊ビカタ。

e0361225_21401793.jpg
「風情溢れる鄙びの宿の朝。 何と何との10月いっぱいで閉めてしまうんだそうで。 惜しい。 実に惜しい。」
「風情とか鄙びとかとはかけ離れたTHE・昭和な宿でしたが、平成の世をほぼほぼ生き残ったのは奇跡と呼んでもよろしいかと。
 でも、あの延々と鳴り続ける遠雷にて自動的に消灯になり、雷の灯りのみで過ごす宿は、それはそれで趣がございましたね。」




e0361225_22155046.jpg
「さて二日目もさやちゃんの連投にてインスタの聖地、洞爺にてビシーツと撮影旅行。
 午後には天気が崩れるから午前のみの勝負でっせ。 しかし。
 この時期の洞爺は危険だねえ。 パンクのリスクが盛り盛りでっせ。」
「夏の積丹に負けず劣らずの危険度ですわね。 ふらふらよそ見してたらやられますよ。」



e0361225_22311486.jpg
「まずはいつもの所で。 湖の朝はミルキーなんですねえ。」
「ピーカン不許可。 こういう空気は私の美しさを一段と引き立てますわね。」



e0361225_22242985.jpg
「こういう偏った焼きかたも、ネオコットの持つ美しさがあればこそなんだよなー。」
「・・・・・、あまり褒めそやされるとちょっとどこかあずましくありませんわね。 ロードバイクは走ってこそ。 さ、行きますよ。」



e0361225_22411867.jpg
「APS-Cにおける標準レンズ、35mm単焦点。 広角的から望遠的にまで使えるスキルが必要なんだが・・・・・」
「ここはもう一迫りが欲しいかしら? まあ探り探りのインターバルタイマーですものね、この程度なものでしょ?」



e0361225_22501630.jpg
「道の持つ風情が。 癒されますわ・・・・・」



e0361225_22534587.jpg
「少し高い処から見る湖もまた、乙なものだねえ。」
「昨夜の遠雷は正にここで荒れ狂っていたそうで、生きた心地がしなかったキャンパーさんも居たとか居ないとか・・・・・」



e0361225_2312585.jpg
「最近とみにこのような場面に出くわして、しかも容易に撤退しない悪い風習が・・・・・・」
「犬も歩けばグラベルに当たる。 いいかげん何らかの手を打たないと、破滅の淵に沈みますよ。」



e0361225_2361654.jpg
「これはまたずいぶんとチャレンジングな・・・・・」
「後輪の枝とサドル回りの梢が今ひとつですわね。 もっと精進せねば。」



e0361225_22145477.jpg


e0361225_22152481.jpg

「縦と横、どちらがお好みかしら?」
「絞り切れないあたりにオラの俗的な甘さが・・・・・」



e0361225_22194287.jpg
「ここはヌーディストビーチかね? 全裸の金属乙女の饗宴。 この背中にこう、ネオコット的なものを感じられて誠にその・・・・・・」



e0361225_22223696.jpg
「あーら、私はこの、深谷も真っ青の逸物のほうが好みですわ。
 ああ、こんな太くてごつくて黒くて固いので激しくもがかれたら・・・・・、
いやーん!
 さやか、こわれちゃうう!!」

「こらーっ!
 キャラずれするんぢゃないっ!!」




e0361225_22323025.jpg
「定番の月浦。 月の光に浮かぶ画もいつか撮ってみたいですわね。」
「洞爺で一泊! ですかな?」



e0361225_22592567.jpg
「さて難航不落の仏頂面。 かつてラムさんの魅力をもってしても崩せなかったのだが・・・・・・」
「ふふん、私におまかせあれ!」



e0361225_23347.jpg
「ほーら! 唇を奪ってしまえば、目尻がにやけるでしょ!!」
「ああーっ、浮気者ーっ!! くそお、すっごく腹立たしいっ!!」



e0361225_23753.jpg
「まあまあ、男のヤキモチはみっともありませんよ! ま、この私の美しさが罪なのですけども・・・・・」



e0361225_23112921.jpg
「赤いのがBSで黄色いのがミヤタだそうだが、どー見ても同じにしか・・・・・・」



e0361225_23131279.jpg
「何をおっしゃいますやら、BSはホリゾンタルでミヤタはラウンドスローピング、各社の設計思想の違いが如実に・・・・・」
「ヲイ。」



e0361225_23162542.jpg
「このように撮ることの快感に重きを置いたチョイスであるが、どーも、その、タイムアウトで。
 予定の午前中をすっかり使いきり、無情の雨がポツポツと・・・・・」
「ああらそれはいけませんわね、いつものTG-1なら土砂降りどんと来い、なんですけど・・・・・、しょーがない、カッパを・・・・・」
「おおっ、さすがは出来た女、容易周到だものーお!」



e0361225_23225250.jpg
「あのー、これは俺の・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「ええい、男ならそのくらい我慢なさい!」



e0361225_2325735.jpg
逢瀬を終えて戻ってきたら、いつの間にやらキスマーク
いやーホント、泣けるくらいにイイ女だわ


ピース




   

[PR]
by denzib | 2017-10-13 22:31 | Comments(2)

思う 秋 の日 。

「夏が・・・・・ 無かった(ボソッ
「もっもっもおしわけ
 ございませんでしたーっ!」

「ああら何も謝ることなどございませんわ、旦那様。
 この夏の似合わない湿気った日陰の女がいけないのです。
 あっけらかんとノーテンキなルミや熱苦しいくらいにパリンと乾いたリンダに
 敵おう筈などございませんわね、ほほほほほ・・・・・・」

「あのーですからそのさやかさん、決して決してそういう意図があったわけでは、
 ケモノはいてもノケモノはいないとどっかの誰かさんも言っ・・・・・

「であれば! 
 情緒の秋は!
 誰にも譲りはいたしませんわよ!!」

「ははーっ! 仰せの通り!!」





e0361225_22304082.jpg
「あーそうよそうよどうせ私は幸薄きずぶ濡れ女、こんな暗ーい雨雲がお似合いなんだわ!!」
「いやさやかさん! 明日という日は明るい日と書くとか書かぬとか! 我々の往く先にはほら! 一筋の光明が!!」



e0361225_2237435.jpg
「国道の長いトンネルを抜けるとそこにはほらほら!」



e0361225_2240923.jpg
「逆転勝利のエンタイトルツーベースが! ほれ見なさい! 流石、持ってる女は違う!!」
「ははあなるほど。 台風一過のあぶなっかしい雲行きの中、お山にかかる雲のご機嫌を伺いながらあっちへこっちへ逃げ回ろうという実に姑息な。」



e0361225_22544734.jpg
「で、アレですか? 喜茂別のマイナーなとこからスタートした思たら、ここはもうすでに道がないぞ?」
「ああら? こんなにやさしいグラベルなんて、誰も案内してくれないでしょ?
 ジャリとかでガッシャガシャいうようなトコ走らすルミやリンダに比べれば、
 ベルベットのようなグラベルをエスコートする私の気品! 洗練の度合いが違いますわよ!」




e0361225_236643.jpg
「己を護る兜をこのようなことに使うだなんて武士として如何なものかと・・・・・」
「いやあテメエが腰掛けるのに使うとかだとありえねえけども、
 護るべきか弱き君を際立たせるのであるからむしろ武具としての本懐なのではと・・・・・」



e0361225_23155789.jpg
「それでこのような凛々しき立ち姿が得られるのであるから、むしろヘルメットトップにクリートねじ留めして安定のスタンディングをば・・・・・」
「馬鹿は死ぬまで治らない、を地で行くのね。 そんなに撮影ポタしたいなら、赤いツンデレさんみたいに一眼背負ってくれば?」



e0361225_23324832.jpg
「でもねえ、あれだとこういう画は拾えないのよ。 気まぐれに神が降りてくる、みたいなね。
 D200やDP2をしっかり使ってなお、いつものTG1の選択に間違いはないなあと感じるわ。」



e0361225_2228148.jpg
「しかしまあ、ここもこれ、舗装とは呼びがたい道ですわね。 札幌はたいしたことなかったけど、この辺は相当台風らしかったようね。」



e0361225_2241933.jpg
「いやあ、たまらん道だねえ。 喜茂別恐るべし。
 バブルの痕跡を辿るとシーニックつうか、ライディックなバイウェイにめぐり合えるよなあ。」




e0361225_22451893.jpg
「そしてお約束の、お山を望む道へとつながるわけね。 でもでも。 このダイナミックなこれは・・・・・・・」



e0361225_22473786.jpg
「ヤバス。 京極堂はラッシュ喰らった後だぜ。 つうことは・・・・・・」




e0361225_22492867.jpg
「はいっ、力の限り逃げてーっ! 集団はすぐそこまで迫ってきてますよーっ!!」



e0361225_22511381.jpg
「はーい残念、吸収ー。 もー少し抵抗して欲しかったわねー、貧脚ルーラーさんw」



e0361225_22531266.jpg
「お天道さまには敵いません。 あっという間に置き去りにされましたがな。」



e0361225_2332971.jpg
「no rain no rainbow ってとこかしらね。 アルカンシェルを纏う金色の淑女。 乾いた娘共にはできない芸当でしょ。」



e0361225_2383912.jpg
「あとはいつもの道でドカーンとルスツに抜けてだあ!」


e0361225_2310066.jpg
「イーストマウンテンからしゃわしゃわと喜茂別に戻ってハイ、本日はしゅうりょおー。」




「いやー、遊んだ遊んだ。 距離はなかったけんども濃いールートでしたな、満足満足。」
「ああら淡白な。 せっかくの芸術の季節なのですから、美しい私をもっともっと堪能していただきましょう?」「え?」










~ さやか 2nd 写真集 《 思秋期 》 ~



e0361225_23232396.jpg



e0361225_23234831.jpg



e0361225_23242814.jpg



e0361225_23244340.jpg



e0361225_23245718.jpg



e0361225_23251746.jpg



e0361225_23253371.jpg


e0361225_23264293.jpg



e0361225_23255291.jpg



e0361225_23261284.jpg



「ああ、待望の2nd。 思えば、 1st が出版されたのはデビュー間もない頃でしたわね。
 まあまあ、ずいぶんとがんばってること、背伸びして夏の娘を演じてましたのね。
 あれから幾星霜、しっとりと匂い立つ気品と女の色香を身に付け、秋に彩られた私をご堪能あれ。
 さ、次は洞爺の芸術街道に向かいますわよ。」

「えっ、ええ~っ?! い、いや、さすがにあの、光線というものがですねえ・・・・・・・」





e0361225_23265987.jpg



e0361225_23271983.jpg



e0361225_23274669.jpg
「逢魔ヶ刻の力を借りて、全能の神に挑んでみたけれど、いかがかしら?」
「ぐはあ、鼻血モン。 しかしだねえ、秋の夕暮れは短く、入り口のみで洞爺が終了してしまいましたがな。」
「まあ、それでしたら心配にはおよびませんわ。 明日に備えて川沿いの風情ある宿を取っておきましたから、今宵は二人でしっぽりと。」
「げげっ! ホッテルはリバーサイ 素っ泊りリバーサイ 食事はセイコッマ おっおっおリバーサイ リバーサイ リバーサイ ♪」


e0361225_2259463.jpg





   続く   のか?・・・・・



   
[PR]
by denzib | 2017-10-06 22:50 | Comments(0)


痛くてもしょうがないよ芸風だから 一応自転車ブログ


by denzib

プロフィールを見る